本文へスキップ

セトナ社労士・行政書士事務所は、相続、遺言書をサポートします。

TEL. 0493-54-4148

〒355-0104 埼玉県比企郡吉見町地頭方275

遺言書RECRUIT

公正証書遺言 自筆証書遺言

 遺言者が自分で遺言内容の全文、日付及び氏名を自書し、署名の下に押印して作成する遺言を自筆証書遺言といいます。

 公証人の手を借りることなく、手軽に作成できる遺言書ですが、その効力は公正証書遺言と変わりません。

【注意点】
 自筆証書遺言は、「遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない」とされています(民法968条1項)。
 この規定のとおり、自筆証書遺言は、全て手書きで作成する必要があります。

 そのため、例えば本文をパソコンで作成したり、家族に書いてもらったりして、サインだけ自分でするという方法は認められません。

 また、1度作成した自筆証書遺言を変更する場合には、遺言者が変更「場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ」なりません(民法968条2項)。

 これらの方式に違反した遺言は無効となってしまいます。


公正証書遺言 公正証書遺言

 公正証書遺言は、遺言自体は公証人が作成するため、特に専門家に相談せずご自身で手続きをとることも可能です。   

 ただし、戸籍謄本や財産に関する資料はご自身で用意しなければなりませんし、作成したい遺言の内容もご自身で公証人に伝えなければなりません。

 また、遺言内容をどのように実現するかについて、別途考えておく必要もあります。

 ご自身で手続きをとれば、費用は、公証役場での作成費用のみですので、費用の節減になることは間違いありませんが、その分手間がかかることも間違いありません。


秘密証書遺言 秘密証書遺言
 

 秘密証書遺言は、遺言の存在は明確にしつつも、その内容については秘密にできる遺言です。まず、遺言書を作成し、封印、証人二人とともに公証人の面前で、自分の遺言書である旨等を申述します。しかし、内容については公証人が関与しないため、法定内容について争いになる可能性もあります。
必要書類などは、貴社にお伺いして御説明のうえ収集致します。他の事務所のようにメールや郵送等での対応で済ますようなことはありません。


  


 

バナースペース

セトナ社労士・行政書士事務所

〒355-0104
埼玉県比企郡吉見町地頭方275

TEL 0493-54-4148
FAX 0493-59-8553